お役立ち情報 ADVICE

2020/01/29

りとるらびっとの療育について

Q友達との関わりが心配なので、小集団を希望したいのですが

お子さんが生まれて初めて出会う他者は“お母さん”や“お父さん”といった家族です。

その家族の中で人との関わりを学びながら、幼稚園や保育園といった集団生活の場に生活の場を広げていきます。

人とうまく関われないお子さんは、この集団生活でつまずくことが多いようです。

お子さんの視点から見ると、集団生活や他の子は“何をするか分からなくて怖い”

“自分の気持ちややりたいことを分かってくれない”と感じていることが多いように思います。

そういったお子さんには、集団よりもさらに小さい個別という環境の中で、

安心できて分かってくれるけど家族ではない大人と遊ぶことは、

“人への興味”を育てる大切なステップと考えられます。

また、他の子との関わりの練習が必要なお子さんには、小集団のグループだけでなく、“合同個別”の形もあります。

グループセラピーよりももっと少ない人数の中で、大人からの仲介や橋渡しがしっかりとある中で、

他の子と関わる状況は“一緒に遊ぶって楽しい”という経験を確実に積み上げ、

人と関わりたいという意欲を育てていきます。

 

Qりとるらびっとでは、どんなことをとやっているのですか?

個別療育は自由遊びが中心です。前半はお子さんと遊び、後半は保護者の方とお話をするという形で行うことが多いです。

そのため送迎はなく、毎回保護者の方と一緒に来所していただいています。

保護者の方がお子さんの行動やことばの意味を理解していくと、お子さんは驚くほど変化します。

その”お子さんの理解”のお手伝いをりとるらびっとでは大切にしています。

送迎がなく、一緒に来所されるのはご負担かと思いますが、ぜひ一度ご検討ください。

 

 

Q療育の間、親はどうしていたらいいですか?

療育の様子を見ていただくことで、担当者がお子さんにどのような対応をし、

それにお子さんがどのように反応しているのかなどを見ていただきたいと思っています。

その中で、お子さんの新たな一面を発見したり、成長を感じることがあると思います。

また、後半には保護者の方とお話する時間を作っています。

送迎つきの事業所を利用している保護者の方の中には、“成長したという話はスタッフからよく聞くけど、

家庭で困っていることは全く変わらない”とおっしゃる方がいらっしゃいます。

それは、お子さんへの対応の仕方をご家族の方が学ぶ機会がないからではないかと考えています。

そのため、りとるらびっとでは保護者の方がお子さんを理解することを一番大切にしています。

お父さん、お母さんだけでなく、おばあさんやおじいさんなど、

お子さんに関わるご家族の方とのお話も積極的に行っています。

特にお父さんはお子さんと過ごす時間がお母さんに次いで多いため、

お父さんが参加されるとお子さんが大きく変化することが多いという印象です。

pageTop